バイクと一般車の買取と必要書類の違い

車には幾つか種類があるのですが、その中の1つには二輪車があります。いわゆるバイクも、車の一種ですね。 そのバイクの売却をする際には、書類提出が必要になります。一般車と同じですね。

ただバイクの場合は、一般車とは必要な書類がちょっと異なっている一面があります。例えば、標識交付証明書です。その書類には、標識番号や車体番号や年月日などと様々な情報が書かれているのですが、一般車ではそのような書類を必要とするケースはほとんどありません。しかしバイクの場合は、125cc以下の場合はその書類が必要になってくるのです。この「標識交付証明書が必要」という点は、バイクと一般車の相違点の1つだと思います。なおバイクが250ccなどの場合は、一般車と同様に車検証が必要になります。つまりバイクのサイズによって、必要な書類が異なってくる訳です。

逆に、バイクの買取では必要とされない書類もあります。リサイクル券です。 大抵の車買取の業者は、自社サイトにてリサイクル券が必要ですと明示していますね。リサイクル法が関係しているからなのですが。

ところがバイク買取の業者の場合、そのリサイクル券を明示していないケースが多いです。ランダムに3つのバイク買取のサイトを見てみても、どの業者もリサイクル券が必要と明示していません。という事は、バイク買取ではリサイクル券が恐らく不要だと思います。このリサイクル券が必要か否かも、一般車とバイクの買取の相違点の1つだと思います。

このようにバイクと一般車とでは、必要な書類に違いがある訳ですね。基本的には一般車の方が、必要な書類の種類が多いようです。なお車検証と印鑑と免許書が必要なのは、どちらも共通しています。